【連載05】ハイレゾとは 最終


レコードのハイレゾ化はお任せください!

ジャンル別専用カートリッジで高音質録音

ハイレゾとは?最終

再発盤レコードの注意点

但し、再発盤レコードの中でCD 音源をマスターとしてレコード盤に刻んだものが存在するのも確かです。これはニセレコードいっても良いのではないでしょうか。。。。

このニセレコードをハイレゾ化してもニセハイレゾしかできないのは明確です。再発盤のマスター音源が何であるか明記してない盤が多く存在するのも事実であり、そのような盤の再生音からニセなのか本物なのかを判断するのは自分の耳でしかないと。

オリジナル盤と比較するのが一番わかりやすく確実です。オリジナル盤は音が良いとされてますが、再発盤でもリマスタリングされてるものの多くは音が良いです。

レコードデジタルラボでのハイレゾ音源作成

当ラボでは演奏をレコーディング、ミキシング、マスタリングする業務は行っておりませんので、完全なネイティブハイレゾ音源作成はできません。アナログレコードの演奏情報をハイレゾ化することを行っております。アナログレコードに刻まれた情報を、ハイエンド機器を使用して最大限引き出し、品質の高いデジタルデータを作成します。

ハイレゾ録音されたデータは、人間の可聴域とされる20Hz から16,000Hz の範囲を大きく超えてサンプリングしたデータを持っており、録音したホールの雰囲気やボーカリストの息づかいなど、音のディテールや臨場感を再現することが可能となります。

高音質CD の作成

(CD は20Hz ~ 20khz 以外はカットされる)(アナログレコードは20khz 以上の音の記録が可能)

そのハイレゾデータをCD スペックにダウンサンプリングした場合でも(96khz / 24bit→44.1khz / 16bit)、
アナログ音声の空気感を大きく損ねることなく高音質CD を作成することが可能となります。

この理由から当ラボでは高音質CD ご希望の方には高音質コースを薦めております。

高音質コース

ここで一つのキーワードに注目してみましょう。
アナログレコードの音声を品質の高いデジタルデータにする!逆に低品質なデジタルデータも存在します。レコードにも高音質、低音質なものが
存在するように、レコードをデジタル化する際にも質の良し悪しが関わってきます。

レコードからデジタルデータを作成するときの品質については次にまとめております。