CD音源とフロア用マスタリング音源の比較

CDからリッピングしたファイルと

フロア用マスタリング音源の比較

CD音源とフロア用マスタリング音源の比較について

市販のダンス系CD音源と、当ラボでレコードをパソコンに録音し、フロア用マスタリングを行った
音源を比較できるようにMixcloud のリンクを配置しました。

さまざまなダンス系コンピレーションCDがありますが、音が良いもの悪いものがあります。メジャーではないものが多いので、
音圧や音質にばらつきがあります。そんなCD音源とフロア用マスタリング音源の違いをご確認いただけます。

フロア用マスタリングはDJのみならずダンス系全般、ロック、ポップス、ジャズ、歌謡曲にいたるまでおすすめできるマスタリングです。
当ラボ作成音源はCD音源を凌ぐ高音質であることをこのページを通してご理解いただければ幸いです。

Have Some Fun-B.T. Express-1980

CD音源
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

国内有名コンピレーションCDからのリッピングです。一聴して大変クオリティの高い音質です。
全体のバランスや音圧も素晴らしいです。
一瞬レコードの負け?と思いましたが。。。
しかし、ある程度の音量以上になると、、、
高域が鋭くなり耳が痛くなってきます。
小さい音量で楽しむ場合はとても良いのですが、
大音量だと耳も体も疲れるタイプの音質です。
もったいない。。。

Have Some Fun-B.T. Express-1980

 レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナルLP録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質です。
ノイズが少し出ましたがピンポイントで処理。
CD音源と比較すると高域がやや弱い感じがしますが、
このくらいがちょうどよいです。大音量でも
聴き疲れしません。どんどん音量を上げたくなります。
良い状態に仕上がりました。

Stomp-The Brothers Johnson-1980

CD音源
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外物コンピレーションCDからのリッピングです。それほど音圧が高くなく帯域バランスも良い感じです。
デジタル臭くないアナログライクな優しいサウンドです。
フロアでも充分使える高音質音源です。
あと少し迫力がほしいところ。

Stomp-The Brothers Johnson-1980

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナルLP録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質ですが、細かいノイズがかなり多く、
全体ノイズ処理を行いました。大きく音質は損なわれずに
EQ調整とフロアマスタリングでとても良い音質となりました。
CD音源のアナログライクな音に対して、こちらは解像度と
迫力が付加されフロア映えする音源となりました。
大音量でも聴き疲れしません。

Why You Wanna Treat Me Like That-Netwerk-1983

CD音源1
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

このアーティストのアルバムはかなりレアですが、
リマスターCD2種類存在します。
その中のCD1から。
楽曲自体が凄まじいのも相まって、このマスタリングは
破壊力がすごいです。低音の勢いが凄すぎて
他の曲とのミックスに苦労しそうなくらいファットです。
誇張感がありますが、まあ、まあ、アリかな。。。
ただ、なんとなく音がこもる感じ?
独自のフィルタがかかってる風に感じます。

Why You Wanna Treat Me Like That-Netwerk-1983

CD音源1
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

このアーティストのアルバムはかなりレアですが、
リマスターCD2種類存在します。
その中のCD2から。
もう一枚のCD1は凄まじいマスタリングでしたが、
コチラは控えめというか、、、かなり音質が悪いです。
極端な表現ですが、ビット数を落としたようなチープな音。
こういう音源は使いたくなくなります。

Why You Wanna Treat Me Like That-Netwerk-1983

 レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナル12インチシングル録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質です。
高音質12インチシングルからの録音で、素材は最高です。
素材を活かしつつ極端な調整は行わずにマスタリングしました。
もう少し全体の押し出し感を上げても良いと思いますが、
この手はこのくらいがちょうどよいと思います。
しかしかっこいい曲です^^

Hot Flashes-Spunk-1981

CD音源
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

ユニディスクリマスターCDからのリッピングです。
これは音が良いです。文句のつけようがないです。
素晴らしい!

Hot Flashes-Spunk-1981

 レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナルLP録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質です。
ノイズが少し出ましたがピンポイントで処理。
CD音源と比較すると高域がマイルドな気がします。
これはこれで良いと思いますが、CD音源が相当音が良いので、
それに立ち向かうとなると、マスタリングでもう少し高域を
なんとかしたいところです。これはCD音源に負けてるかな。。。
でもやはり、全体のファットな感じはレコード音源に軍配ですね。
フロアで大音量で比較したいところです。

Hot Stuff-Raydio-1979

CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外盤コンピレーションCDからのリッピングです。全体的に明るく音が前に出ております。
音圧が高くややうるさい感じがします。
個々の音の粒がややにじんでる、、、レコード音源に
比べて音の輪郭がすこしだけぼやけてます。
ただし、フロアでも十分使える音源と思います。

Hot Stuff-Raydio-1979

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外盤オリジナルLPから録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2もともとハイ上がりの曲で、低域の物足りなさがありますが、
フロアマスタリングで良い具合に仕上がりました。
CD音源と音質の雰囲気が似ておりますが、音の粒が明瞭で
よりクリアな感じがしますが、高域の痛さは感じません。
大音量でも気持ちよく聴けます。

I Am Somebody-Glenn Jones-1983

CD音源
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

今は無きブギータイムレーベルコンピレーションCDからのリッピングです。
大変クオリティの高い音質です。
全体のバランスや音圧も素晴らしいです。

I Am Somebody-Glenn Jones-1983

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓

(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナルLP録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2

この曲は12インチシングルが複数出ておりますが、
LPが一番良い音してます。
CD音源に勝る素晴らしい音質です。

My World(Extended)-Sophie-1989

CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

国内有名コンピレーションCDからのリッピングです。1989年頃の楽曲でCD時代の曲です。
とても良い音質だと思います。
フロアでも十分使える音質です。
某●vex監修のコンピは音がいいですね。
素晴らしい!

My World(Extended)-Sophie-1989

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナル12インチシングル録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質です。
フロアマスタリングで大音量でも聴き疲れしません。
CD音源といい勝負です。どちらが好みか?
個人的には大音量でも疲れない、こちらのほうが好みです。

Too Tight-Con Funk Shun-1980

CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

日本盤ディスコフィーバー
コンピレーションCDからのリッピングです。高音のヌケが良く帯域バランスも良いと思いますが、
もう少し低域がほしところ。音が軽く感じます。

Too Tight-Con Funk Shun-1980

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外盤オリジナルLPから録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2音の良いLPから録音しました。
ノイズが多かったのですがうまく処理できました。
タイトでありながら低音も出ております。
少しヒスノイズが目立つ箇所ありますが、
処理してしまうと原音に影響に出る恐れがあったので、
未処理としました(オリジナルに準拠)。

Help Me (Full Power Mix)-Mela-1989

CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

国内有名コンピレーションCDからのリッピングです。1989年頃の楽曲でCD時代の曲です。
とても良い音質だと思います。
フロアでも十分使える音質です。
某●vex監修のコンピは音がいいですね。
素晴らしい!

Help Me (Full Power Mix)-Mela-1989

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

オリジナル12インチシングル録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2オリジナル盤で高音質です。
フロアマスタリングで大音量でも聴き疲れしません。
CD音源といい勝負です。どちらが好みか?
個人的には大音量でも疲れない、こちらのほうが好みです。

For You-Ago-1983

CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

今は無きブギータイムレコード
コンピレーションCDからのリッピングです。低域の誇張感が凄まじいです。
迫力ありますが、全体的に音がこもってます。
もう少しEQ調整すればいい感じになると思います。

For You-Ago-1983

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外盤ミニLPから録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2音圧のあるミニLPを使用しました。
もともと低域が膨らんでる感があるので、
タイトなビートでフロア映えするよう
マスタリングEQ調整しました。

Unexpected Lovers-Lime-1985

 CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外物のハイエナジーコンピレーションCDです。
1985年頃の楽曲ですが、CD音源は存在してない時代の曲だと思われます。

高域がキラキラしてる印象があります。
もともとシャカシャカ下感じの曲ですが、それが誇張されてるので、
フロアでは疲れるかもしれませんね。

Unexpected Lovers-Lime-1985

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

12インチシングル海外盤録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2

音質が良いレコードからの録音ですが、
高域のしゃかしゃか感は痛くないアナログライクな音質で
まとまっております。やはりこの手はレコードからの録音のほうが良いです。

Fire On The Moon-Aleph-1986

 CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

日本盤ハイエナジーコンピレーションCDです。
1986年頃の楽曲で、CD時代の曲です。

音圧低めで全体的に音が軽く、CD音源にしては
物足りないです。
レコードと比較はかわいそうですね。

Fire On The Moon-Aleph-1986

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

12インチシングルオリジナル盤録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2

文句なくいい音してます。
サビのシンセサウンドは下手すると痛々しくなるのですが、
レコードからの録音はいい意味で音が丸くなり疲れにくい
迫力サウンドとなります。うるさくないのが良いです。

I'll Never Fall In Love Again-Pmela Nightingale-1985

 CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

日本盤ハイエナジーコンピレーションCDです。
1985年頃の楽曲で、CD時代の曲です。

音圧低めで全体的に音が軽く、CD音源にしては
物足りないです。これは選定を間違えたか?
レコードと比較はかわいそうですね。

I'll Never Fall In Love Again-Pmela Nightingale-1985

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

12インチシングル日本盤録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2

日本盤12インチシングルはまあまあ音が良いです。
アフファレコードがユーロ、ハイエナ系を取り扱い始めた頃の
レコードです。いい音出てます!フロアで大音量で
かけても疲れません。

You Think You're A Man-Divine-1984

 CD音源
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

海外物のハイエナジーコンピレーションCDです。
1984年頃の楽曲ですが、CD音源は存在してない時代の曲だと思われます。

音質は良いほうだと思いますが、12インチシングルを元に
デジタル化されたのではないか?というのは、オープニングから
ハムノイズが聞こえます。オリジナル12インチレコードでも
同様のハムノイズが収録されております。
音の静かな箇所で分かる程度なので、
全体的には気にならないかもしれませんが、ヘッドホンで聴くと
違和感があります。

You Think You're A Man-Divine-1984

レコード録音→フロアマスタリング
試聴は画像をクリック↓
(Mixcloudのサイトが立ち上がります)

12インチシングルオリジナル盤録音、ノイズ除去、フロアマスタリング
使用MCカートリッジ:My Sonic Lab:Signature Platinum
使用DJミキサー:Mastersounds:Radius2

オリジナル盤は高音質ですが、レコードに収録された音源自体に
ブーンというハムノイズが混入してます。
マスタリングの前にノイズ処理しますが、プチパチノイズ除去は
もちろんのこと、ハムノイズやヒスノイズも除去いたします。
結果ノイズフロアが下がり音の粒が揃い高音質となります。
トータルバランスが良い音源となりました。

著作権

こちらのページで紹介する楽曲の著作権は著作管理団体によって管理されておりますが、
Mixcloudにアップすることにより、著作権法に抵触する恐れは無いと考えます。

Mixcloudが包括許諾を得ており、著作権料徴収団体にロイヤリティを支払っていることで、
楽曲のアップロードが認められております。当ラボではこの点を踏まえた上で紹介しております。


ノイズ除去前、除去後の音質比較、興味のあるところですが、今回除去後にマスタリングを行った音源も含め比較できるようにしました。