DJ音源ハイレゾ化ハイレゾ変換

ディスコ定番曲12インチシングルの高音質デジタル化

現在ご活躍中のDJさんより、オリジナル12インチシングル、ホワイトプロモ盤、高音質盤などパソコンにダビングしてほしいとのこと。

serato DJ上で使用すること前提で、44.1khz / 16bitと96khz / 24bitの二種類の形式が必要とのことでご依頼受けました。

 

 

一部のDJさんはこのレーベル、タイトルを見ただけで貴重度がおわかりいただけると思います。

超定番サウンドがほとんどで、CD化されてる曲もあれば未CD化の物もあります。
これらのオリジナル盤や白プロモ盤はそこそこ高値で取引されております。
とにかく音が良いとされているので人気があるのだと思います。
実際音が良いです^^

今回ご依頼いただいた理由は、この高音質盤の音をお客様にも是非体感してほしいとのこと。ディスココンピレーションCDは数多く存在するものの、発売時期やレーベルで音質がずいぶん違うようです。

比較的良い音とされてるCD音源と、当ラボでデジタル化した音源を(同じ曲)フロアで比較したところ、耳と体で感じる音質の差が歴然だったため今回のご依頼に至りました。

 


フロアでオンエアする曲のすべてをレコード→デジタル化することは予算や時間的に難しいですが、オンエア率の高い曲やお気に入りの曲、これからプッシュしたい曲等でレコードを所有してる曲をピックアップし、高音質デジタル化することでフロアでのプレイも楽しくなりお客様も気持ちよく踊っていただけるのでは?

日本が誇る大手DJ機器メーカーのホームページでもハイレゾ対応ミキサー製品アピールとして

クラブに訪れる人がより高音質で音楽を楽しめるように徹底した音質の向上を図り、
クリアかつパワフルでありながら長時間心地よく踊れるクラブサウンドを実現しました。

と謳っております。

クラブ等の音響設備がある施設で行われるDJパフォーマンスは、パソコンで音源ファイルをコントロールするスタイルが主流となっております。

serato,traktor,rekordbox

自身が使うファイルはできれば高音質なものを使いたい、そう思うDJは少なくないはずです。
ここ数年高音質をうたったDJ機器が数多く発売されてますが、いくら機材が良くても選曲が良くなければ台無しです。選曲が良くても音が悪ければ楽しさも半減します。

私も自らDJをしておりますが、音質が良いものは使いたくなり、悪いと使いたくなくなるものです。DJの皆さん、そしてDJを趣味とされてる方々、ご自身の音源ファイルの見直しをしてみてはいかがでしょうか?

レコードのデジタル化、DJ御用達フロア仕様マスタリング もお任せください。

デジタルDJ