DJ音源DS002housetechnoサンプル音源高音圧

ハウス系レコードの高音圧ハイレゾ音源化

今回はハウスイベントで使用する音源として、
ハウス系のレコード53曲ご依頼いただきました。
数十枚のレコードの中から、どの曲、ヴァージョンを
音源化するか、レコードジャケットに付箋で指示をいただき、
対象曲を24bit / 96khzハイレゾ音源化いたしました。

コース:高音質コース(DJ)
使用カートリッジ:DS002

当ラボの音質比較コーナーで興味を持っていただき、
事前にクラブ系サウンド数曲のサンプル音源をご提供、
ご納得いただいた上でご依頼いただきました。

レコード針をDS-AudioのDS002ご指定で高音圧マスタリング。
クラブで使用することを考慮し、音圧や低音は上げすぎない程度で
マスタリングするということで承りました。

ノイズが多い盤が複数あり、ノイズ処理に苦労いたしました。
クラブ系サウンドはキック(バスドラ)のアタックが強いので、
全体にノイズ処理を行うと、曲によってはアタックが損なわれ
曲の雰囲気が変わってしまう恐れがあります。

そこで、目立つノイズは手作業で処理し、全体の処理は
必要最小限で処理する、場合によっては取り切れないノイズも
あるということをご了承いただきました。

短期間のうちに50曲の録音とノイズ処理マスタリング
を行いましたが、無事納品することができました。

今回はDJ MIXER MODEL 1を選択いたしましたが、
次回はDJM900NXS2で試してみたいとのことで
ご連絡をいただきました。

MODEL 1はトータルバランスに優れており、
音質調整の幅が広く常時使用しておりますが、
ハウス系、特に低音を意識される方には
DJM-900NXS2の選択が良いかもしれません。

いずれ劣らぬ素晴らしいミキサーなので、
甲乙つけがたいですが、レコード針同様、
お客様のご要望があればミキサーも選択でき、
柔軟に対応させていただきます。