CD作成progressiveノイズ除去ロック未CD化

「Necronomicon」など70年代プログレッシブロックベスト盤作成

さて、今回は70年代プログレッシブ・ロック系アーティストの未CD化レコード、複数の曲をピックアップしてベスト盤CD作成のご依頼をうけたまわりました。4枚のレコードから15曲のピックアップで、曲順などご指示をいただきました。

ベスト盤は高音質コースのみの設定なので、24bit/96khzのハイレゾ録音作業から開始しました。

LIVEというバンドのレコードは問題なく指定曲収録終えましたが、Necronomiconの(3枚組)レコードは、ノイズが点在し、針飛びが起こる箇所がありました。加えて1曲8分を超える曲が多数。

8分から最大14分を超えるものもあり、想定外の事態に少々焦りましたが、ノイズ除去、針飛び修正(違和感なく編集)共に無事完了致しました。

こちらのオーダーは2018年12月末、この頃ベスト盤コース1曲あたりの価格は600円と設定しておりましたので、15曲X600円=9000円でうけたまわりました。

今回のオーダを機に、7分を超える楽曲のノイズ処理労力を加味した上で一部価格改定いたしました。

7分超え1曲あたりの単価はコチラをご参照。

今回15曲中LIVEの5曲を1枚のCDに収録、Necronomiconの10曲を1枚のCDに収録というご指示をいただきましたが、長い曲が複数あったので、Necronomiconは2枚に分けて収録いたしました。

(CDの枚数が増えても価格は変わりません)

無事納品を終えた後お客様より感激のメールをいただきました。

もともと録音状態の悪いレコードだったのですが、録音時と後処理の段階で原音を損なわない音質調整をさせていただいたことによる効果だと思われます。また、針飛びの修正に関してはその箇所がわからないほど違和感なく聴けたということでご報告いただけました。

とても嬉しいメールでしたが、ノイズ未処理箇所とCDラスト曲の音切れのご指摘をいただきました。音切れに関してはこの時期ソフトの入れ替えに伴うバクの発生が出まして(現在は改善)、一部のお客様にはご迷惑おかけいたしました。

ノイズ処理と音切れ修正を迅速に行い、代わりの品を無料配送させて頂き、お客様にはとてもご満足いただき、喜んでいただけました。

人間が行う作業が大半を占めております。稀にミスが発生してしまいますが、柔軟にご対応させていただきますので、安心してご依頼いただけます。